東京大学大学院 新領域創成科学研究科 国際協力学専攻

専攻長挨拶

ようこそ国際協力学専攻へ!

 

Prof.Horita

 

 

 

 

 

 

 

2017年度専攻長 堀田 昌英

 

 

 

 

 

 

 

 

国際社会は,多くの人々が自らのできることを少しずつ紡ぎ合わせながら取り組まなければならない課題に満ちています。貧困,紛争,地球環境など,我々が克服すべき課題は数多く,しかも時々刻々と新しい課題は生まれ続けています。地球や人間社会の未来に思いを巡らせ,現代に生きる一人の存在としてこのような大きな問題に自らはどう関われば良いのか,どうすればより良い未来の実現に貢献できるのかに思いを致すことも多いのではないでしょうか。

 

 本専攻に関心をお寄せ戴いた多くの方々が,これら地球規模の問題に関われるようにこれまでも高等教育や社会での実践を通して自らの専門性を身につけ,経験を積んでこられたことでしょう。そして,自らの力をより大きなものにして,志を共にする仲間と国際協力に関する共通の課題や目的や関心事に取り組める場を探していらっしゃるかもしれません。

 

国際協力学専攻は,まさにそのような場を創成することを目的として設立されました.経済学,社会学,工学,農学等の様々な分野から集まったメンバーが「開発協力」「環境・資源」「制度設計」という3つの教育研究対象のクラスターを形成し,異なる視点と手法論を繋げることによって新しい知と実践の体系を生み出そうと日々取り組んでいます。

 

 もちろん小さな集団である我々がこれまでに関われた課題は世界の問題のごくごく一部に過ぎません。しかし,これから私たちに加わって下さるであろう新しいメンバーが次々と新たな課題に取り組んでいくことによって私たちのできることは少しずつ広がっていきます。未来に対する思い,積み上げてきた知識や技能や経験を,世界中のフィールドで活かして,皆さんが一歩前に進むための場を私達は提供します。ここに今いる誰もあなたに答えを与えることはできないでしょう.だからこそ私たちは皆さんの挑戦を心から歓迎し,精一杯応援します。

(2017年4月)